*

 

乗り物酔いも怖くない!遊園地でできる対策と素早く治す方法!

公開日: : 最終更新日:2019/08/15 お役立ち, 暮らし




乗り物酔いしやすいと、移動中だけでなく遊園地でも気持ち悪くなるので楽しめなくなってしまいますよね。でも、そもそも乗り物酔いしてしまう原因ってなんでしょうか?それが分かればきっと乗り物酔いも対策できる?

今回は、乗り物酔いする原因と、遊園地で酔ってしまった場合の対策を解説します。

 

乗り物酔いの原因は?する人としない人の違いって?

 

乗り物酔いは、車やバス、電車、そしてジェットコースターなど、スピードがあって揺れる乗り物に乗った場合に起こります。人間の身体は、強い揺れやスピードを感じるとそれが刺激となって脳に伝わっていきます。

すると自律神経が乱れてしまって、吐き気やめまいなどの症状が出てくるんですよ。要するに、速いスピードと揺れが主な原因なんですね。

 

しかも、それに睡眠不足や空腹、不快なニオイ、気温の高さなども加わると更に乗り物酔いしやすくなってしまうんです。確かに車に乗った時、車内が臭いとそれだけで気分が悪くなりますよね。

でも、乗り物酔いってなりやすい人とそうでない人がいますよね。乗り物酔いしやすい人は乗り物に対して、また酔うんじゃないかという強い不安があったり、精神的にストレスを抱えているという特徴があるんですよ。

 

また、普段あまり乗り物に酔わない人でも、疲れや寝不足を感じていたり、空腹の状態でずっと下を見てスマホなどをいじっていると酔ってしまうことがあります。

基本的に、乗り物酔いしやすい人は成長と共に酔いにくくなってきますが、大人になってからも乗り物酔いすることが時々あるんですよ。

筆者も子供の頃はしょっちゅう乗り物酔いしていて、家族でドライブに行くと途中で吐いてしまうこともよくありました。

 

でも、成長すると乗り物酔いすることはかなり減ってきましたが、それでも空気が悪かったり睡眠不足の時は、電車の中などで気持ち悪くなってしまうことがあるんです…。

流石に吐くまで悪化することはなくなりましたが、やっぱり乗り物酔いすると、すごく気持ち悪いですよね。

 

遊園地でしたい効果的な乗り物酔いの対策は?

 

遊園地に遊びに来たのに、アトラクションで乗り物酔いしてしまって全然楽しめないのはツラいです。絶叫マシーンなどに乗らないという選択もありますが、遊園地のアトラクションって乗り物系が多いからどうしても酔いやすいんですよね。

そこで、ジェットコースターなど絶叫マシーンに乗る時は、なるべく頭を動かさないようにぴったり背もたれに後頭部をくっ付けて、前だけを見ているようにしましょう。

 

視線もなるべく動かさないようにすると良いですよ。すると乗り物酔いしなくなります。乗っている途中でどうしても気分が悪くなったら、目をつむっておくと少しは酔いを和らげられます。

また、絶叫マシーンなど乗り物酔いしやすいアトラクションに乗る前は、何かちょっとでも食べてからにして空腹時を避けるようにすると良いですよ。酔い止めの薬を飲んでおくのも大事。酔いやすい人は、酔い止めの薬を常に持ち歩いているようにしましょう。

 

これらの対策をしておけば、途中で気持ち悪くなることもなく心置きなく遊園地を楽しめますよ。

でも油断は禁物。少しでも気分が悪くなったら無理せずに休憩をとるようにしましょう。

 

乗り物酔いも怖くない!遊園地でできる対策と素早く治す方法まとめ

 

乗り物酔いは、強い揺れや速いスピードによって脳が刺激されて、自律神経を乱してしまうことが原因です。遊園地でアトラクションを乗り物酔いせずに楽しみたいなら、ジェットコースターに乗る時は背もたれに後頭部をくっ付けて、前だけを向いて視線を動かさないようにしましょう。

また、空腹時に絶叫マシーンに乗らないようにしたり、酔い止めを飲んでおくというのも効果的な対策ですよ。酔いやすい人はぜひ覚えておきましょう。




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑