ロハスフェスタ万博を満喫してきましたー♪駐車場や混雑状況など書いておきます♪

イベント
ロハスフェスタ万博に行ってきました。
 
たくさんの店舗やフードコーナーがあり、はじめての方でも十分楽しめます。
 
子供連れも多くて気兼ねなく楽しめたし、会場内には授乳室やウォーターサーバー、
 
おむつ替え室もあり子連れにも嬉しいイベントでした。
 
 
ロハスフェスタは、おしゃれに可愛くエコを実践しようと始まったイベントです。
 
会場では、牛乳パックや使用済み天ぷら油の回収など、他にも資源回収に取り組んでいます。
 
そして、エコがテーマのロハスフェスタは食器や箸、マイカップは持参必須ですよ。
 
忘れた場合は飲食ブースにて¥100で購入も可能です。
 
使い終えた食器や自分で出したゴミは自分で持ち帰ります。
 
あとお買い物する際にはビニール袋やエコバックもあるといいですよ。
 

(行った観光地)

2019万博ロハスフェスタspring 

 

(住所)

〒565-0826 大阪府吹田市千里万博公園10−10

 

(時期)

2019年4月26日〜5月1日の9:30から16:30まで。

 

(料金)

公園と会場の入場料が別々にかかります。

公園入場料は¥250です(小中学生¥70)

JAFやリロクラブ会員であれば会員証提示で¥50引きとなります。

会場入場料は¥350です(小学生以下無料)。

 

(駐車場情報)

駐車場は万博公園東駐車場から行くと会場まですぐに到着するのでおすすめですが、

北側から向かう場合は駐車場ゲートをくくる手前の信号が左折専用レーンのため要注意。

近づいてきたからと行って左車線に移動したままだと駐車場に入れません。

 

(アクセス)

和歌山方面からのアクセスは阪和道から近畿道に乗り換え吹田ICまで向かいますが、

途中の門真ICあたりが渋滞しやすくなっております。

吹田ICを降り、会場から近い万博公園東駐車場まではしばらく下道を走るのですが、

速度から反対方向に大きくUターンするような感じのルートを走行します。

途中標識や誘導はありますが分かりにくいのであらかじめナビを設定していれば問題ないと思います。

スポンサーリンク

もちろんその他の交通状況にもよりますが、

和歌山ICから会場到着まではおよそ1時間半ほどかかると想定すれば良いでしょう。

 

(服装)

たくさんの店舗を見る場合はかなり歩き回ります。

負担を軽減できるスニーカーが間違いないでしょう。

ですが雨が降ったりすると地面がぬかるみやすくなっており、

前日降った雨でも翌日だと全然乾いてない所もあります。

汚れてもいいもので準備しておくことが好ましいです。

またこの時期は天候や日によって気温の寒暖差があるので、

薄着厚着一辺倒にならず、軽い服装でも一枚上着を持っておくなど、

自身で温度調整を図れる服装が好ましいです。

 

(混雑状況)
午前中から行くと空いています。

正午からでもスムーズに入場出来ましたが、昼食時なので

会場入りしてからフードコーナーを回るお客さんも大勢おられるため、

飲食コーナーのテントを含めそこは混雑していました。

午後はやはり多くのお客さんが入られますので移動時は混雑していますが、

ブースは空いてるところもあり意外としっかり見て回れました。

しかし人気店や珍しいものを販売しているところは見てすぐ分かるくらい混雑しております。

 

(雨天時の開催)

雨天でも開催されておりますが、実際雨が降ると出店スタッフの方々は

急いでテント内に商品を入れ込んだりシートをかけたりと、

やはり晴れているときと比べしっかりと見て回るのは難しいと感じます。

 

(実際行った口コミ)

たくさんの店舗やフードコーナーがあり、はじめての方でも十分楽しめると思います。

ハンドメイドや雑貨に興味のある方には是非おすすめ出来ます!

ハーバリウムなどの手作りブースも沢山ありましたよ。

また支払いについてもPayPayやLINE Payなどの

電子マネーも対応している店舗もあり運営もしっかりしているなと感じました。

現地に行けば入場料も安いのでウィンドウショッピングだけでも楽しめます。

 

テントに机はありますが基本的に混雑して使えるスペースがないと考え、

レジャーシートなどの敷物を持参することがおすすめです。

 

気になる方はプラスアルファでウェットティッシュやアルコール消毒なども持って行って下さい。

また近くにはエキスポシティもあるので、時間が余った場合でも

そちらで買い物したり遊んだりと、一日両方回って帰ることも可能ですから絶対行って損はないです!

スポンサーリンク










コメント

タイトルとURLをコピーしました