*

 

知らないとヤバイ!旅行のキャンセル料っていつからかかるの?

公開日: : 最終更新日:2019/08/26 お役立ち, 暮らし, 家計・貯金




旅行のため宿泊先や交通機関などを予約していた場合、中止にしてしまうとキャンセル料がかかる場合があります。もちろん、旅行会社で予約した場合もキャンセル料はかかってしまいますよ。

でも、キャンセル料って旅行に行く何日前からかかってしまうんでしょうか?もし中止にする場合は、いつ頃にキャンセルの連絡をすべき?

今回は、旅行のキャンセル料はいつから発生するのかなどを解説します。

 

旅行のキャンセル料とは?別途払わなきゃいけないの?仕組みを教えて!

 

旅行会社を通じてホテルや交通機関のチケットを予約したり、あるいは自分で宿を予約しておくということは、要するに契約なんです。

ところが、旅行が中止になったりなどでその契約が無しになってしまうと、宿や旅行会社は予約していた客室やチケットなどが無駄になってしまいますね。その損失を補うためにも、キャンセル料を請求するんです。

 

キャンセル料が発生した場合、旅行代金と別途で支払うのではなく、旅行代金の何%かの金額を支払うことなんですよ。もちろん、旅行に関することだけではありません。

飲食店でも、予約をしていたのにそれが直前でキャンセルされてしまうと、用意していた食材が無駄になってしまうのでキャンセル料が請求されるんですよ。

 

といっても、必ずしもキャンセル料を払わないといけないということではなく、あくまでケースバイケースで発生します。

たとえば、旅行の前日に身内に不幸があったり、家族が急病や大けがをした、予定していた飛行機の便が欠航した、という場合には、たとえ直前のキャンセルであってもキャンセル料を取らない場合もあるんですよ。

 

まぁ、店や会社によっては、どんな理由でもキャンセル料を全額支払う場合もあるんですけどね。筆者も以前、結納の会食を料亭に予約していましたが、前日に大雪が降って中止することになりました。

でもその時は、大雪で外出を控えた方がいいという状況だったので、キャンセル料は発生しないことがありましたよ。でもやっぱり、予約したからには、余程のことがない限りは契約を破棄にしたくありませんよね。

 

旅行の予約も同じです。他に良いホテルが見つかったからといって、直前にキャンセルするようなことはやめましょう。また、キャンセルの連絡もせず音信不通にしてしまうのもダメですよ。

最悪の場合、もうその旅行会社やホテルは、二度と利用できなくなる可能性もあります。

 

旅行のキャンセル料っていつからかかるの?

 

キャンセル料がいつから発生するかは、旅行会社やホテル、契約した旅行のプランなどによって変わってきます。でもだいたいは、旅行に行く20~8日前だと、キャンセル料率は旅費の20%かかってしまい、1週間前は10%、3日前は50%、そして旅行に行く当日は100%のキャンセル料が発生するケースが多いです。

旅行会社によっては、当日のキャンセルでも連絡を入れればキャンセル料は旅行代金の50%に抑えられますが、連絡なしでキャンセルした場合は、旅行代金全額をキャンセル料として支払うなどの規約があります。

 

もし旅行を中止にしたり他の旅行会社や宿泊施設を手配するなら、遅くても1ヶ月前にはキャンセルをしておきましょう。

遅れてしまうと、どんどんキャンセル料が加算されてしまい、旅行に行かなかったのにお金を払うことになってしまいますよ。

 

知らないとヤバイ!旅行のキャンセル料っていつからかかるの?まとめ

 

旅行のキャンセル料とは、契約していた宿や旅行プランが無駄になってしまい、会社や宿としても損失になってしまうので、旅行代金の数%~100%の金額を支払うものです。

旅行開始日のだいたい20日前から発生する場合が多く、当日のキャンセルだと、50~100%キャンセル料を支払うことになります。もしキャンセルするなら旅行の1ヶ月前には連絡しましょう。

 

そうすれば、キャンセル料が発生しないことが多いですよ。また、旅行会社によってキャンセル料のルールは異なるので、申込する時に契約書をよく読んでおきましょう。




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑