母の日に贈る花ってカーネーション以外にもあるの?人気の種類は?

お役立ち

母の日に贈る花は、カーネーションが定番ですね。他には一体どんな花が母の日の贈り物に人気なんでしょうか?せっかくなら、素敵な花言葉を持つ花をプレゼントしたいですよね!

今回は、お母さんに花を贈ろうと考えているあなたのために、母の日に人気の花の種類を紹介します。

 

母の日に贈りたい人気の気持ちが伝わる花は?

 

カーネーションも良いですが、日々の感謝も込めて、気持ちが伝わる花を贈ってみてはどうでしょう?

人気の花とその花言葉を解説します。

 

バラ

女性への贈り物の花束に人気のバラ。

赤いバラには『愛情』という花言葉があり、ピンクのバラには『感謝』という花言葉があるんですよ!どちらも母の日にピッタリですね!

バラはどこかゴージャスな雰囲気になるので、思いっきり華やかなブーケを贈りたい時にぜひ取り入れてみてください。

 

ガーベラ

ブーケに入っていると一気に明るい雰囲気にあるガーベラは、赤色なら『愛情』、ピンクなら『思いやり』や『感謝』、黄色は『親しみ』という花言葉を持っています。

 

紫陽花(あじさい)

実はここ数年、母の日に紫陽花を贈るのも人気なんですよ。

紫陽花は比較的育てやすく、梅雨の時期までキレイな花が楽しめます。

このことから、母の日には紫陽花の鉢植えを贈る人も年々増加中。

そんな紫陽花は、白なら『寛容』や『ひたむきな愛情』、赤やピンクなら『元気な女性』、青や紫なら、『忍耐強い愛』という意味を持っています。お母さんにぴったりな色の紫陽花を選びましょう。

 

スイートピー

花束にも人気の、ヒラヒラした花弁が特徴の種類。

その花言葉は『優しい思い出』です。

メインにしなくても、他の花に添えるだけでも良いかも知れませんね!

 

胡蝶蘭

胡蝶蘭も紫陽花と同様、鉢植えで贈るのが定番。

花言葉は『純粋な愛』なので、大切なお母さんに贈るのにピッタリです。

 

花を贈る時に気をつけたい!花言葉にはネガティブな意味もあるって知ってた?

スポンサーリンク

 

実は同じ花でも、花言葉にはいい意味とそうでない意味を持っている場合もあるんですよ。

素敵な花言葉だからコレにしよう、と思って安易に花を選ぶと、実はネガティブな意味も含まれていて、受け取った相手が気分を害したということもあるので気を付けたいですね。

 

例えば定番のカーネーションも、黄色いものだと『軽蔑』という意味を持っているんですよ。他にも、黄色いバラは『嫉妬』や『愛情の薄らぎ』、紫陽花全般には『移り気』、『冷淡』、『高慢』という意味も。

また、スイートピーには『別離』や『門出』という意味が含まれているし、百合は赤色だと『虚栄心』、オレンジだと『軽率』という花言葉があるんです。

 

人気のバラやカーネーションでも、色が違うだけで全然良い意味じゃなくなってしまうんですね。知らずにお母さんに贈ったら、怒られるか後で注意されそう…。万が一義理のお母さんに贈ったら大変です!

でも、紫陽花は良い意味と悪い意味、両方を持っているので、ポジティブな意味合いの気持ちで贈ると良いかも!特にピンクの紫陽花は色も可愛らしいのでおすすめですよ!

 

それに、もしどんな花にすれば良いか、込められている花言葉も含めて迷ったら生花店の店員さんにそうだんしてみましょう。

また、生花店であらかじめギフト用にアレンジメントされているブーケなら、ネガティブな意味の花は基本的に使われていませんよ。

個人的には、青山フラワーマーケットのミニブーケがおすすめ!シーズンごとにすごくキレイなブーケを販売しているので、お母さんもきっと喜んでくれますよ!

 

母の日に贈る花ってカーネーション以外にもあるの?人気の種類は?まとめ

 

母の日に人気な花は、カーネーション以外だとバラやガーベラ、スイートピー、紫陽花、胡蝶蘭など。

色によってはネガティブな意味の花言葉を持っていたりするので、買う前に店員さんと相談すると良いですよ。ぜひ心のこもったお花をプレゼントしてくださいね!

 

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓

母の日にもう悩まない!義母に喜ばれる好印象プレゼントまとめ!

父の日&母の日に贈りたい!思い出に残るペアギフト10選

母の日のプレゼントのお礼ってどうすればいいの?プレゼントを返すべき!?

絶対に外さない!父の日のプレゼントの定番で喜ばれるものって?

父の日にプレゼントしたい花の種類や色・盆栽を選ぶ基準についてのご紹介!

スポンサーリンク










コメント

タイトルとURLをコピーしました