*

 

クッションフロアのマットは自分で貼れる?キズを修復する方法

公開日: : お役立ち, 暮らし




床材のクッションフロアって、だんだん傷ついたり、

へこんだりしてしまうんですよね。

でもクッションフロアって、

自分で張り替えしたり、補修することって出来るんでしょうか?

 

業者に依頼して張り替えや修理をお願いすると、

やっぱり料金が高そうですよね。

 

今回は、クッションフロアのマット補修や張り替えの方法をご紹介。

傷が目立ってきたり、

模様替えしたい時にぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

クッションフロアを自分で補修する方法

 

 

クッションフロアとは、

クッション性のある塩化ビニルで作られたシート状の床材です。

水にも強いしお手入れもしやすく、

物を落としても音が響きにくいなどのメリットがあるんですよ!

 

ただし、タンスやテーブルなど重い家具を置いておくと、

陥没跡、つまりへこみが出来てしまいます。

また、劣化していくため、

数年たったら張り替える必要があるんですよ。

 

特に厄介なのがへこみですね。

どんなに気を付けていても、家具を置いている以上、

どうしても畳に重い家具を置いたあとのように、

陥没してへこんだ部分ができてしまいます。

 

でも、このへこみは自分で補修することが出来るんですよ!

方法はとっても簡単。

クッションフロアに使われている素材の塩化ビニールは、

温めるとある程度は元通りになるんです。

 

そこで、クッションフロアの陥没した部分に、

アツアツの蒸しタオルを当ててみてください。

水でタオルを濡らして絞り、

レンジで数秒チンするだけで蒸しタオルが出来ますよ!

蒸しタオルを当てて少し待てば、

その熱でクッションフロアは元通りに!

小さなくぼみなら、これで簡単に治せるでしょう。

 

ただし、それでも直らなかった場合は、

ドライヤーの温風を当ててみてください。

ドライヤーの温風を当てる際は、温度が熱すぎてしまうと、

クッションフロアの表面が溶けてしまうため、

なるべく床から離して温風を当てていきましょう。

少しずつドライヤーを近づけて、

様子を見ながら補修していくといいですよ。

 

もしくは、くぼみに濡らしたタオルを当てて、

その上からアイロンを当てて補修していく方法もあります。

ただ、アイロンは特に高温になりやすいので、

クッションフロアが溶けないように気を付けて、

様子を見つつ熱を加えていくと良いですよ。

 

クッションフロアって、熱で補修することが出来たんですね!

実は筆者も前に住んでいたマンションの床がクッションフロアだったので、

床がへこみやすかったです。

なるべくクッションフロアをへこませないためにも、

床の上にジョイントマットを敷いてから家具を置くといいですよ!

 

 

クッションフロアの張替えも自分でできるの?

 

 

クッションフロアの張り替えは、

古いクッションフロアを剥がして新しいものを貼るか、

古いクッションフロアの上から新しいものを重ね張りする

2つの方法があります。

 

まず、古いクッションフロアを剥がす場合は、

ヘラやカッターなどを使っていきましょう。

ただし接着剤がしっかり付いているため、

そう簡単には剥がれず、なかなか時間がかかってしまいます。

 

もし手間を省きたいのでしたら、

古いクッションフロアの上から

新しいクッションフロアを重ね張りする方が断然いいですよ!

 

ただし、クッションフロアを2枚重ねることによって

ドアが開きにくくなったり、

床が前よりもフワフワとした感触になる可能性もあるんですよね。

それでも、張り替えよりはかなり時間も短縮できますよ。

 

クッションフロアを床に貼る手順は、

下記のURLを参考にしてみてくださいね。

 

https://www.diy-shop.jp/info/diy_cf1.html

 

張り替えるのって、かなり大変そうですね。

もし自信がないのでしたら、

やっぱり業者に頼んだ方が安心ですよ。

料金は業者によっても多少異なりますが、

相場はだいたい6畳で3~5万円ほど。

無料で見積もりをしてくれる業者が多いので、

まずはリフォーム業者に問い合わせてみると良いですよ!

 

 

まとめ

クッションフロアは、重い家具を置いていると、

へこんでしまいくぼみが出来ることがよくあります。

でもこのくぼみは、蒸しタオルやドライヤー、

アイロンなどで温めることで修復できますよ。

 

ただし、あまり高熱を当てすぎてしまうと、

表面が溶けてしまうこともあるので、

十分に気を付けましょう。

 

クッションフロアは、古いものを剥がして張り替えをするか、

古いクッションフロアの上から重ね張りするかの2つの方法で、

新しくすることが出来ます。

 

比較的簡単なのは、重ね張りですが、

それでもやっぱり大変なので、もし自信がないのでしたら

リフォーム業者に依頼することも検討してみましょう。




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑