*

 

大学の学費ってどれくらいかかるの?医学部は一般家庭からも通える?

公開日: : 最終更新日:2019/07/31 お役立ち, 暮らし, 家計・貯金




我が子が医者になりたいと医学部を目指す事になりました。もちろん、親としても精一杯のことはしてやりたいですが、将来の学費の捻出に頭を悩まされることになるかもしれません。

せめて国立大学に入ってくれないと、ちょっと困るかも……と、不安に思うことになります。果たして大学に合格したら、その後にかかる費用はいくらぐらいなのでしょう?

 

学部別!1年間にかかる大学の費用はいくらぐらい?

 

子供が晴れて大学に入学した場合、1年間でどれだけのお金を納める事になるでしょう?

大学の学費は、親世代の頃と比べて、かなり高くなっています。親としてはしっかり確認しておかなければなりません。大学の授業料は、次の順序で高額になります。

国公立大学<私立大学文系<私立大学理系<私立大薬学部か芸術系<私立医科歯科学部

 

国立大学の場合

まず国立大学ですが、かつては一律、どこも同じでした。

現在は文部科学省が定める金額の20パーセントプラスを上限にして、各大学が決めています。

文部科学省が決める標準額は入学金が282,000円。授業料が535,800円。初年度納付金合計で837,800円となります。

 

あ、これだけ聞いて倒れないでください!例外は東京芸術大学で、入学金が338,400円と高めです。医学部は授業料が高いイメージがあると思いますが、国立大学は医学部も他の学部と授業料は同じです。

 

国立大学でも、実習費、保険料、施設設備費、自治会費など授業とは別に徴収される大学も増えています。これは学部によって値段が異なってきます。

施設設備費は文系が安めで数千円、理系や医学部は15万円と高くなるけいこうにあります。医学部は国立大学でも、入学時に同窓会日や保護者会費を一括徴収されることもあります。

あらかじめ調べておかないと、合格してから慌てることになります。

 

私立大学

私立大学は各大学によって違うので一概には言えないのですが、文部科学省が発表した平成26年の平均額があります。

 

 

入学金

授業料

施設設備費

初年度納付金

私立大文系

242.579円

746,123円

158,118円

1,146,819円

私立大理系

262,436円

1,048,763円

190,034円

1,501,233円

私立大医学部

1,038,128円

2,737,037円

831,722円

4,606,887円

 

その他の費用

国立、私立を問わず、教科書・テキスト代、ゼミ研修費などの実習費用があります。

教科書代だけで年に数万円かかります。医学書は高いので、教科書代だけで10万以上かかる場合もあります。

 

大学の学費!医学部は私立と国公立で年間どれくらい変わるの?

医学部の学費とは、世間で噂される通り高額なのでしょうか?

国立大学医学部

国立大学医学部は、入学金が30万円弱、1年間の授業料は50万強です。

6年間で学費だけで300万円台前半です。

 

私立大医学部

さて問題の私立大医学部ですが、いちばん安い大学だと

6年間の学費が2000万円必要になります。

高い大学だと、4000万円台になります。

国立いがくぶの10倍以上になるわけです。

 

国公立大学の医学部を目指す場合、学生は志望する大学に合格できるよう頑張ればいいのです。しかし、私立大学の医学部の場合、学力的に行ける大学か、という選択の他、経済的に行ける大学か、という両方の点で志望校が決まってきます。

私立大学は学費が安い大学ほど受験性が集まり、競争率が高くなります。要するに、学費と偏差値の高さは見事なまでに反比例していくのです。

順天堂大学は学費を大幅に下げて、偏差値が大きくアップしました。

 

大学の学費まとめ

いかがでしたか? 親としては子供の夢は叶えてやりたいところです。しかし、学費の支払いについてもし不安があるのなら、志望校を決定する時に、きちんと話し合っておく必要があります。

親だけが苦労するのではなく、子供も親に苦労をかけないよう歩み寄ることも重要です。

アルバイトをしながら医学部に通っている学生もたくさんいます。あなたのお子さんの夢が潰れないよう、なおかつ、あなたの家計が潰れてしまわないよう家族でよく考えましょう。




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑