*

 

必見!転職面接で評価を上げる逆質問の回答集

公開日: : 最終更新日:2019/07/17 お役立ち, マナー




転職面接で最後に聞かれる、面接官からの逆質問。

面接で評価を上げるためには、この逆質問が重要になってきます。

でも、具体的にどんなことを面接官に質問すれば、

採用される確率は高くなるんでしょうか?

 

今回は転職活動中なら絶対に知っておきたい、

面接官に最後に質問するべき内容を紹介します。

 

転職面接の逆質問の回答集!この回答って結果にも影響するの?

転職面接の最後に、『何か質問はございますか?』と

面接官から逆質問されるのが一般的ですね。

なぜ面接官は応募者に質問がないか尋ねるかというと、

どれだけ会社や仕事内容に興味があるか。

またどれだけ情報を人から引き出すことに優れているか。

というのを知り、採用不採用の判断材料にするためです。

 

逆質問をされた時に、『特にありません』と答えるのは絶対に避けたいところですよね。

自分はいかにこの会社や仕事に関して、積極的かつ前向きな姿勢であるか、

というのをアピールしなければいけません。

そのため、逆質問には以下のような回答、

つまり面接官に対する質問をするといいでしょう。

 

逆質問の回答

・入社までに何か更に勉強しておくことはありますか?

どれだけ自分はここの会社で働くことに関して熱心か、

少しでも会社で役に立てるにはどうすればいいか、

ということをアピールできます。

面接官に、やる気があるな、と好印象を与えられるので

かなりおすすめの質問ですよ。

 

・御社で仕事をするうえで心掛けるべきことはなんでしょうか?

この質問も、意欲をアピールできますね。

心掛けるべきことだけでなく、

『仕事をしていくなかで最も大切なことは何か』という質問でもOK!

 

・御社で働くことをより強くイメージしたいため、

1日の流れや仕事内容を教えていただけますでしょうか?

御社で働くことを前提に考えていますよ、

という気持ちをアピールできるし、

自分自身も具体的な仕事内容を知っておくことで、

仕事に対する心構えも出来るかもしれません。

 

・御社で活躍している方々に何か共通点はありますか?

どんな人間が実際にその会社で活躍できているのか、

自分がこの会社に本当に合っているのかを確認する内容のため、

かなり意欲的に見られますよ。

 

また、面接官が共通点を教えてくれた後、

『自分もそうなれるように努力いたします』

という旨を伝えれば、更に好印象になるでしょう。

 

逆質問には極力答えて、

何かしらの質問を面接官にする方がいいですが、

評価が悪くなる、NGな質問もあります。

例えば待遇面のことや、企業のHPを見ればわかることなど。

特に、有休や給与に関することは出来る限り控えるようにしましょう。

 

転職面接を辞退したい時はどうすればいいの!?

転職面接を辞退する場合は、必ず連絡を入れることが最低限のマナーです。

絶対に連絡なしで面接に現れない、というのはしてはいけませんよ。

辞退することに決めたら、遅くとも面接の前日には、

担当者へ電話をする事。

 

電話で辞退の連絡を入れる場合は、

『お世話になっております。

×月×日に面接のお時間を頂く予定でしたが、

諸事情により辞退させていただきたく思います。』

と伝えてくださいね。

ただし、電話の場合は担当者から辞退の理由を細かく聞かれる場合があります。

その場合には、辞退理由の詳細を伝えましょう。

 

電話がどうしても無理な場合はメールを送りましょう。

メールの件名は『選考面接辞退のご連絡/〇〇〇(氏名)』と入力し、

『×月×日の〇時に面接のお時間をいただいておりましたが、

一身上の都合により、選考面接を辞退させていただきます』

という内容で送信しましょう。

当日に面接を辞退するというのは、

社会人としてマナー違反なので、

出来る限り早めに辞退の連絡を入れてくださいね。

 

 

まとめ

転職面接の際、面接官からの逆質問にはなるべく、

意欲をアピールしたり、どんなスキルが必要なのか、

という内容の質問をするのがベスト。

そうすればきっと、面接官からも好印象を受けられますよ。

もし面接を辞退する場合は、

面接の前日までに担当者へ忘れずに連絡しましょう。

 

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓

 




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑