*

 

蛍光灯からの紫外線でも日焼けってするの!?目や肌への影響とは?

公開日: : 最終更新日:2019/07/17 雑学, お役立ち ,




蛍光灯からも紫外線が出ているって知っていましたか!?

夏場を中心に、女性が特に浴びるのを気を付けている紫外線。

それがなんと、室内にいながらでも浴びてしまっているとなると、

UVケアも台無しになってしまいそうですね…。

でも蛍光灯から発する紫外線で日焼けすることがあるんでしょうか?

今回は蛍光灯の紫外線が肌に与える影響を紹介します。

 

蛍光灯からの紫外線の影響で日焼けするの?

 

蛍光灯だけでなく、ハロゲン電球、白熱電球など、

実は照明器具って意外と紫外線を発しているんです。

ただ、それほど気にすることもないごくごく微量の紫外線量なんですよ。

蛍光灯など照明から出ている紫外線は、太陽光のおよそ1000分の1とされているので

例え10時間以上当たり続けたとしても30秒前後、日光に当たったのと変わりないくらい。

 

どちらかというと、窓から室内に入り込んでくる日差しの方が

紫外線量がとっても多いんですよね。

そのため、蛍光灯の明かり下に長時間いたとしても

肌や目に何か悪影響が出ることはないでしょう。

もし蛍光灯の紫外線が人体に悪影響を及ぼすなら、

ほとんどの人類は肌がシミだらけだったり目にも影響を受けているはずです。

でも、実際はそんなことありませんよね。

確かに紫外線は出ているけれど全然気にしなくて大丈夫ですよ!

それに、蛍光灯なら白熱電球に比べて、放出する紫外線量もかなり低いので

よりお肌や目、髪などにも影響を与えず安心して使えるでしょう。

 

ただし、中には肌が弱くて本当に紫外線を浴びるのを避けているなど、

紫外線を極力浴びないようにしないといけない体質の人もいますね。

その場合には、家の照明をLEDや紫外線吸収膜付き蛍光灯に変えたり

蛍光灯にUVカットフィルムを装着すると良いですよ!

 

 

紫外線吸収膜付き蛍光灯って?効果はどれくらい?

 

紫外線吸収膜付き蛍光灯とは、蛍光灯の表面に紫外線を吸収する

合成樹脂製の被膜で覆われているものです。

蛍光灯から発せられる紫外線が少ないため、

肌が弱かったり、アレルギー体質の人でも安心だし、

限りなく肌への紫外線の負担を減らしたい人にもおすすめ。

しかも、蛍光灯は紫外線を発する量が少ないと、なんと虫も寄って来なくなるんですよ!

地味にありがたい効果ですよね。

 

肌への影響を軽減させることも期待できるので、

蛍光灯の紫外線が気になるのでしたらぜひ使ってみると良いですよ。

通販サイトでも購入できるので、URLを貼っておきますね。

https://www.akaricenter.com/flfluorescent.htm

 

また、蛍光灯にかぶせるだけでUVカットできるフィルムやスクリーンなどもあります。

このスクリーンやフィルムって、UVカットをして蛍光灯の明るさがアップするだけでなく、

地震などが発生して蛍光灯が割れても破片が飛び散るのを防いでくれるんですよ。

しかも、省エネにも繋がるのでとってもお得!

 

ネット通販でも買えるのでぜひ購入を検討してみてください。

通販サイトはこちら。

https://item.rakuten.co.jp/plan007/sogd0001/

 

価格もそこまで高くないから安心。

蛍光灯ってUVカット仕様にすると、何かとメリットが多くなるんですね!

例え微量とはいえ、やっぱり紫外線を避けたいと考える人もいるでしょう。

 

日焼けしてシミやシワの原因になることはほぼほぼありませんが、

極力紫外線は浴びたくない、という人は

これらの蛍光灯を使ってみるのがベストですよ!

ところで、実はスマホやパソコンの画面からも、

ごくごく微量ですが紫外線が出ているんですよ。

こちらも肌や目など、健康への影響はないので、

気にしないでいても大丈夫ですよ。

 

 

まとめ

蛍光灯や電球は確かに紫外線を発してしますが、

それはごくごく微量なので、気にする必要は全くありません!

でも、体質によっては紫外線を避けないといけない場合もあるし、

やっぱりちょっと、美容に悪いような気がしますね。

そんな時は、LEDや紫外線吸収膜付き蛍光灯に変えたり、

UVカットフィルムを取り付けると良いですよ!




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑