*

 

クローゼットの湿気が凄い!考えられる理由とおすすめの湿気取りアイテム3選

公開日: : 最終更新日:2019/07/25 お役立ち ,




クローゼットには、大切な服やバッグを収納しているのに…湿気が凄い時期ありますよね。

湿気によりカビが繁殖して、大切な服やバッグにカビがついてしまったらその後の対応が大変ですからね!しっかり、対策を考えていきましょう。

 

見落としていると危険!クローゼットの中って湿気が凄い!

クローゼットの中の湿気は古い家だと溜まりやすいのか?と言うと、実はそれまったく違いますよ。

新築の買ったばかりの家のクローゼットでも溜まります。クローゼットに湿気が溜まりやすい理由があります。まずは、その理由をしっかり把握しておきましょう。

 

クローゼットの位置が北側で、奥がすぐに壁側

外気の空気で冷やされるクローゼットの奥と、室内の温度との差が大きくなるので湿気が溜まりやすくなります。

 

クローゼットのある部屋の加湿をし過ぎる

寝室にクローゼットがある家は要注意です。

就寝中の乾燥を防ぐために、加湿器を使用するご家庭が増えていますが、当然部屋の湿度が上がるので、クローゼットの中との温度差があり湿度が上がります。

 

クローゼット内を詰め込み過ぎている

収納スペースなので、部屋をスッキリさせる為にも色々入れたいですよね。

しかし、空気の通り道がなくなってしまう為湿気の溜まる原因になるのです。

 

換気をしていない

クローゼットの扉を開けっ放しにする事はしないですよね。

普段はそれで良いのですが、空気の入れ替えをしていない為、定期的に換気をする必要があります。

 

この4点が最も考えられる理由になります。備え付けのクローゼットは位置を変更するのは難しいと思いますが、他の点は気を付けることが出来ると思います。クローゼットの中を整理整頓して定期的に換気を行うだけで、かなり湿気は軽減出来ます。

 

おすすめの換気方法は、扉を開けた時に扇風機で風を送ると良いですよ。扇風機の首ふり機能を使ってくださいね。

湿気により湿度が高い状態が続く事により、カビの発生や繁殖の原因になります。

 

おすすめの湿度対策は、エアコンの除湿機能を使う事です。もちろん、ご家庭に除湿機があるなら、クローゼットの近くで使用してくださいね。

カビは服やバッグだけではなく、家の壁や柱にまで繁殖して家をダメにするので湿気は要注意ですよ。

 

ちなみに、以前一年間だけワンルームのアパートに住んでいた事があります。

大きめのクローゼットがあり、下の段に洋服を入れたクリアケースを重ねて置いていたら冬場の結露が凄くて湿気で水たまり!!シミが出来てカビも生えていました。

 

定期的に開けていたので大丈夫と高をくくっていたんですが、やはり開けるだけでは不十分でした。扇風機も回すほうが効果的です。

そして、定期的に荷物を出してカビや結露がないか確認してみて下さいね!

 

クローゼットに使える!意外と便利な湿気取りアイテム3選!

私が湿気対策として使用している便利なアイテムをご紹介しますね。

 

竹炭

おすすめの最強アイテムです。

竹炭は湿気対策、防虫対策、そして消臭効果もあります。

湿気が凄い時期の使用期間の目安は、3ヵ月です。しかし定期的に天日干しをすれば繰り返し使う事も出来ます。ほこりが付いている様なら、水洗いして天日干しすると良いですよ。

ここで注意点!炭と言っても、バーベキューで使う炭ではなく竹炭ですので注意してくださいね。

 

重曹

掃除の万能アイテムとして有名な重層ですが、実は湿気取りにも万能です。

しかも消臭効果はかなりあります。

使用期間の目安ですが、重層自体が湿気取りを頑張っていると、サラサラな粉末がダマになるのでその時が交換時期です。

 

新聞紙

新聞紙はとにかく水分の吸収率は優れものです。

畳んで置いておくのも良いですが、細長く丸めて隙間に差し込む事も出来ます。

使用期間の目安は、天日干しすれば再利用する事も出来ます。

新聞を定期的にとっているご家庭なら、こまめに交換する事も良いと思いますよ。

 

ここで注意点!

ヒノキのスノコは万能アイテムなのですが、のせている荷物をどけてたまに天日干しをして湿気をとらないと、カビが発生し繁殖するので気を付けてくださいね。

 

まとめ

収納スペースのクローゼットの中に湿気が凄い!とは、結構気が付かないものです。クローゼットを開けた時、「なんだか臭い」と思ったらすでにカビが繁殖しています。

そんな事にならない様に、日頃からクローゼットの中の湿気対策をしておきましょうね。

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑