*

 

パリ観光も危険!?女性のためのパリ治安マップ

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 お役立ち, 暮らし, レジャー・観光スポット




観光地で人気のフランス・パリですが、実は思った以上に治安が悪いと言われているんです。そのため、日本人女性は特に注意をしなくてはいけません。

今回は女性だけでも安心して観光できるように、パリで避けるべき治安が悪い場所や注意点を紹介します。

 

パリ観光で注意したいことと治安の悪い地区

ガイドブック片手に散策はNG!

パリに限らず海外では、観光客は犯罪のターゲットにされやすいです。そのため、ガイドブック片手に楽し気に歩いていると観光客だと周囲に思われ、スリの集団に後をつけられることもあります。本当に必要な時以外は、ガイドブックなどを出さない方が良いですね。

 

貴重品の管理を徹底する!

観光地はスリや置き引きが特に多いんです。そのため、持ち歩くバッグはファスナー付きで、しっかりと口が閉められるものが良いですね。念のため、財布やスマホはバッグの一番下に入れておき、ハンカチなどで覆い隠しておきましょう。

現金はなるべく一つの財布にまとめないで、小分けにしておくと万が一盗まれても被害額を抑えられます。支払いは暗証番号が必要になるカード払いにするのもおすすめ。

現金だけでなく、スマホや音楽機器なども肌身離さず持っておいてくださいね。飲食店でトイレに行く時も油断せずに。宿泊中のホテルでも、荷物はフロントに預けた方が良いですよ。客室の金庫に入れておいても盗まれてしまうこともあるんですから!

 

やたらとフレンドリーな人に注意!

観光地で親切に道を教えてくれたり、フレンドリーに話しかけてきたりする人がいます。1人が気を引いている間にもう一人が貴重品を盗む、という手口のスリの集団が多いので、もし誰かが話しかけてきたらとにかく手荷物を守るようにしましょう。

また、道案内したお礼などで金品を要求してきてもハッキリと断るようにしてくださいね。押し売りなども絶対に相手にせずその場を立ち去るようにしましょう。

 

人気のない場所には行かない

穴場スポットと言われていても、絶対に人通りが少ない裏路地などに行ってはいけません。引ったくりや強盗に遭う可能性が非常に高いですよ。

 

治安の悪い場所にはいかない

基本的にパリ北部は治安がよくありません。中でも18区、19区、20区の辺りは移民が多く治安がとても悪いですよ。雰囲気も全然違うので、絶対に女性だけで行かないようにしてくださいね。また、地下鉄もスリが多いため要注意。

観光地で有名なモンマルトルやサン・ドニ大聖堂周辺も治安が悪いので、もし観光に行く場合は必ず数人で、気を引き締めていくようにしましょう。

パリって思った以上に怖いですね。ガイドさんがいるツアー旅行でもスリに遭うことがあるので油断は禁物ですよ。

ネットでパリ治安マップなるものを紹介するサイトがあったので、リンクを貼っておきます。

https://mistile.fr/parismap

 

有名観光地がある地域も、治安が良くないんですね…。パリに行く時はこのマップを持ち歩くと良いかも。

 

女性でも安全 パリの観光でおすすめスポットはここ

反対に、女性だけで歩いていても安全な比較的治安のいい場所は13~16区の辺りですね。ただしその辺りは観光地がほとんどなく、観光客に馴染みが薄いのも事実。住むのには適している閑静な住宅地といったところでしょうか?

パリでは観光地はほとんど中心部にあり、外国人観光客向けのホテルもそこにあります。ただしその分スリが多いので、やっぱり観光地に入る時は、とにかく油断しないことですね。

海外の観光地=スリや置き引き、押し売りが多い、と思っておくと良いでしょう。

そして、絶対に夜になってから出歩いたり安いホテルに泊まらないこと。高くてもちゃんとした評判のいいホテルに泊まってくださいね。ホテルは1区か2区の辺りで取るのがおすすめです。

 

まとめ

パリは北部が特に危険ですが、有名観光地にもスリや置き引きなどが多いです。どこに行くにしても絶対に油断してはいけませんよ。貴重品はいつも以上に管理して、現金もスマホもしっかり肌身離さず持ち歩きましょう。

パリは治安が悪い場所もあるけれど、素晴らしい観光地がたくさんあるので注意しつつ楽しんでくださいね!

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑