*

 

紫外線対策は目から!?どう対策すればいいの?

公開日: : 最終更新日:2019/07/18 雑学, お役立ち ,




肌や髪だけでなく、実は目も紫外線対策が必要なんですよ。

目が紫外線のダメージを受けてしまうと、

白内障の原因にもなるし、角膜だって炎症を起こしてしまいます。

そこで今回は、紫外線から目を守るにはどうしたら良いか、

ベストな方法をおおしえしましょう。

 

紫外線対策に有効なメガネってどんなもの?

紫外線から目を守るには、サングラスをするのが定番ですね。

でも最近は、サングラスでなくても紫外線対策に有効な、

特殊な加工がされたメガネがあるんです。

それがUVカットレンズを使用したメガネ。

レンズに紫外線をカットするガラスを使っているため、

これをかけていれば、目が日焼けしてしまったり、

目から紫外線が侵入してくる心配もありませんよ。

紫外線透過率が低く表示されているメガネを選ぶと良いでしょう。

 

ちなみに、UV380などと表示されている場合もありますが、

こちらは紫外線のカット率の表示なので、

高く表示されているメガネを選ぶと良いですよ。

また、UVカットのメガネは、顔にぴったり合っていないと、

メガネと顔の隙間から紫外線が入ってきてしまいます。

メガネを購入する時は必ず、自分の顔にぴったりと合っているかどうか、

かけた時に隙間ができてしまわないかをチェックしましょう。

 

ところで、サングラスとUVカット加工のメガネだったら、

どちらが紫外線対策に有効なんでしょうか?

単純に遮光目的、つまりまぶしい日差しを遮りたいなら、

サングラスの方が良いでしょう。

特に車を運転している時などは、

サングラスをかけるのがベストですね。

 

一方、目が紫外線ダメージを受けるのを防ぎたい場合は、

UVカット加工のメガネがおすすめです。

仕事中にサングラスをかけるワケには行きませんが、

UVカット加工の透明レンズのメガネなら、

どんな時でもかけたままでいられるでしょう。

UVカット加工のメガネは、

Zoffや眼鏡市場などでも取り扱いがあります。

目を守るためにも、

ぜひ気に入ったUVカットのメガネを探しましょう!

UVカットのコンタクトレンズもありますよ!

 

 

帽子でも紫外線対策ってできる?

UVカット加工のメガネをかけるのもいいけれど、

帽子をかぶって目を守るということも出来ます。

帽子をかぶると、なんと目に入る紫外線量を20~30%程カット!

特につばの広い帽子は、かぶれば目の周りが日陰になるので、

よりUVカット効果が期待できそうですね。

メガネをかけない人はぜひ、つばの広い帽子で、

目を紫外線から守るようにしましょう。

もちろん帽子ではなく、日傘を差してもOKですよ。

 

他におすすめしたいのは、目に良い成分を摂取すること。

ブロッコリーやほうれん草、にんじんなどの緑黄色野菜には、

目の網膜などの酸化を抑える、ルテインという成分が含まれています。

目の健康維持にとっても役立つ成分なので、

ぜひこまめに摂取していきましょう。

 

また、角膜の保護にはうなぎや小松菜などに含まれた、

ビタミンAを摂ると良いですよ。

紫外線ダメージで目が充血してしまったら、

ビタミンB2を持つ、豚肉や卵などを食べましょう。

目の炎症には大豆や鮭、マグロに含まれているビタミンB6が有効です。

 

メガネや日傘、帽子などを忘れてしまい、

うっかり目に紫外線ダメージを与えてしまった時は、

これらのものを食べて、体の内側からUVケアをしていきましょう。

そして、UVケア用の目薬も使えば、

かなり効果的な目の紫外線対策になりますよ。

 

 

まとめ

目を紫外線から守るには、UVカット加工が施されているレンズのメガネをかけましょう。

ただし、UVカット加工のメガネには遮光性はないので

まぶしさを防ぐ場合はサングラスの方がおすすめですよ。

メガネ以外では、帽子や日傘を使ったり、目に良い栄養を摂取することで、

ダメージを抑えることができます。

目の健康のためにもしっかりUVカットやUVケアをしていってくださいね!

 

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑