*

 

お墓参りの花の選び方は?値段や相場まとめ

公開日: : 最終更新日:2019/07/31 雑学, お役立ち, 暮らし




夏が近づくと、そろそろ帰省の時期を検討し出す頃ではないでしょうか?家族が揃うお盆に帰ることができるといいですよね。

お盆といえば、お墓参りです。先祖を大切にすると、先祖があなたを守ってくれて、運気が上がることもあるらしいですよ。子供の頃に遊んでくれたおじいちゃん、おばあちゃんの当時の笑顔を思い浮かべながら、その魂に祈りを捧げてみましょう。

お墓参りといえば、お供えものは必須ですよね。その中でも墓に備える花について、少し考えてみませんか?

お墓に備える花は、どんなものがいいのでしょう?何か決まりはあるのでしょうか?花の相場についても調べてみましょう。

さらには、墓に造花を備えてもいいのかまで、いろいろ知っておかなければならないことがあるようです。

 

お墓参りの花の相場ってどれくらい?

お墓参りで花を供える意味は、供養する人の心を鎮めるという意味や、命の短い花を供えることで命あるものの尊さを学んで感謝する、という意味があるのだそうです。

お墓参りの花の相場はどのぐらいなのでしょうか?スーパーなどで300円から500円で仏花が売られています。これだって全く問題ありません。

お花屋さんで作ってもらうと、値段は1000円から1500円程度になるでしょう。

 

お墓参り用の花を頼む時、花束の予算と、加えて欲しい花の種類、花束の完成イメージを伝えましょう。故人が好きだった花や花束全体の色合いなど伝えると花屋さんが上手に作ってくれます。

注意しなければならないのは、お墓には花束を左右に2つ備えるということです。花束1つが1000円から1500円ですから、2倍の値段になります。

2000円から3000円になることをしっかり覚えておきましょう。スーパーの仏花だと1000円ぐらいですね。

 

花の色は5色なら、白、赤、黄、紫、ピンク、3色ならば白、黄、紫がいいでしょう。故人が亡くなって間もないうちは、淡い色や白い花がいいでしょう。

お墓参りでよく使われる花の種類は、輪菊、小菊、りんどう、グラジオラス、ケイトウなどがあります。

私事ですが、我が家のお墓ではほうずきを使っていましたが、全国的ではないのかもしれません。持って行く花の本数は、3本、5本、7本など、奇数にしましょう。

 

お墓参りの花の選び方とマナー 造花でもいいの?

次に、お供えする花はなんでもいいのかを考えてみましょう。

 

お墓参りに避けたい花

まずトゲがある花(薔薇、アザミ、ザクロなど)

毒を持つ花(トリカブト、ヒガンバナ、スズラン、水仙など)

香りが強い花(薔薇、百合など)

つる性の花(アサガオ、クレマチスなど)

はお墓参りに持って行くのは避けましょう。

 

花束はお墓の両脇に、対にして供えます。宗教によっては、左側だけの場合もあります。

花束は参拝者のほうに向けて供え、花束がひし形になるよう整えるといいでしょう。

傷みやすい花や散りやすい花は腐りやすいです。そんな花が周囲に飛んでいって、他のお墓を汚す結果になっては困るので避けたほうがいいでしょう。

ただ、基本的にはどんな花でもお供えしても大丈夫です。あとは、マナーの問題です。故人が好きだった花を供えたければ供えていいのです。

 

では、造花を供えるのは問題なのでしょうか?

結論から言えば、お墓参りのマナーで造花か生花かの決まりはありません。きれいな状態を保つことができ、安価で済みます。

かつては庭で咲いた花を供えたものですが、常に美しい花を墓に絶やさないためにはしょっちゅう花屋で購入しなければなりません。造花だと、そういった心配は要りません。

 

そもそも墓に花を供える行為は仏教ではとても大事なこととされてきました。仏教では供花は修行の一環とされています。仏に対する修行の誓いとして、厳しい自然環境に耐えて咲いている花を供えるという意味があるのだそうです。

そうなると造花は本来の意味を成さず、供養にならないということになってしまいます。でも大切なのは、供養したいと思う心です。

 

しょっちゅう墓参りに来ることができず、枯れた花をいつまでも捧げているのは不味いものです。造花を供えても、先祖への供養の気持ちが変わらなければ問題はないということになります。

ただ、ご本家や古い親戚が、不快感を示す場合もあるかもしれません。心情的に許せない人はいるものです。造花でも構わないわけですが、親戚の人たちの気持ちに合わせることが大事です。

 

お墓参りのお花の選び方まとめ

いかがでしたか?特に造花に関しては、デリケートな問題になりそうですね。

せっかく、年に一度、親族が集まる機会なのですから、造花を供えたばかりに、家族不和になったら一大事です。周囲に合わせ、滞りなく行事を済ますことを重要視させましょう。いちばん大事なのは、先祖を敬う心なのですから。

 

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑