ハイキング初心者必見!失敗しない服装の選び方

お役立ち

ハイキングに初めて行く場合、服装選びが心配ですよね。山に登るのだったら、やっぱり軽装は危険な場合も多いです。ということは登山用のウェアがあった方がいいの?靴はスニーカー?それともトレッキングシューズ?初心者だと分からなことだらけですね…。

そこで今回は、ハイキング初心者のために、ベストな服装の選び方を紹介します!

 

ハイキングの靴はスニーカーでもいいの?

気軽にハイキングできるゆるやかな山道で、当日の天気予報も良さそうなら、履きなれたスニーカーでも全く問題ありませんよ。ただし本格的な登山道で、岩場が多いなど足場が悪いコースだったり、当日の天気予報が雨の場合は、普通のスニーカーだと厳しいので、防水性のあるトレッキングシューズがおすすめ。

また、トレッキング用の装備を持って行くため荷物がかなり重いのでしたら、普通のスニーカーだと足の裏が痛くなります。そのため、靴底がしっかりとした靴の方が安心なんですよね。

要はどんな山にどんな状況でハイキングに行くか、というのが判断基準。もし結構険しい山道で、しかも雨が降っていたりして地面がぬかるんでいると、通常のスニーカーでは足元が滑って危険だし、靴が濡れて冷えてしまうでしょう。

反対に、晴天の日に家族連れで気軽に登れる山道で、ゴツゴツしたトレッキングシューズを履いていくと、重さと硬さで足が疲れてしまいます。やっぱり、山道に応じた靴選びが重要なんですね!

というわけで、どんな靴を履いていこうか迷ったら、行先のハイキングコースをよく調べてみましょう。もちろん当日の天気予報も要チェックですよ!当然ながらヒールや革靴など、オシャレ重視の靴を履くのは論外なので、スニーカーも持っていなければ買いにいきましょう!

 

ハイキング初心者に必要な装備って?

スポンサーリンク

ハイキング初心者におすすめの服装と装備を紹介します。

 

服装

ハイキングに行く時の服装ですが、基本的に動きやすく汚れてもいい格好がベスト。そして、汗をかくので体が冷えないように着替えのTシャツを持って行ったり、エアリズムなどの、速乾性、吸湿性のあるインナーを着ておきましょう。

山の天気は変わりやすいので、暖かい時期でも、前ボタンのある長袖のチェック柄シャツを着ると良いですね。すぐに脱ぎ着して体温調節できるのでおすすめ。

 

登山グッズ専門店に行けば、速乾性、吸湿性に優れた長袖シャツも売っているので、簡単な山道であっても、あると何かと便利ですよ。ボトムスはストレッチ性のあるチノパンやカーゴパンツが良いですね。ピッタリしたジーンズなどだと、足を上げるのがだんだん辛くなります。

そして山道ではなるべく肌を露出しない方がいいので、長ズボンを選んでくださいね。もしくは、ハーフパンツ+登山タイツでもOKです。標高が高い山に行くのなら、フリースのジャケットなど、防寒着も必要です。

また、寒い時期のハイキングには、ダウンジャケットと厚手のハイキングパンツ、グローブで防寒しましょう。

 

帽子

山の中って紫外線が強いし、転んだ時に頭部を保護するためにも帽子はなくてはならないアイテムです。

 

雨具

天気予報が晴れであっても、山の天気は変わりやすいので上下に別れたレインウェアを持って行きましょう。そこまで標高が高くなく、気軽に登れる山でしたら、マウンテンパーカーを羽織っておくだけでもOKですよ。

 

リュック

気軽に登れるハイキングコースであっても、両手が空くリュックサックを背負うのがベスト。日帰りで整備されたハイキングコースを歩くなら、

20L~30Lくらいの小さめなリュックでOK!本格的な登山に行くとなると、さらに大きめのリュックを選んだ方が良いでしょう。

 

この他にハイキングで必要な持ち物に関しては、下記のサイトを参考にすると良いですよ!

ハイキングでの持ち物リスト|初心者/山登り/子供/服装
近代、趣味や健康の一環として行われているハイキングや山登りですが、なにかあったときに備えて、持ち物は万全にしておきたいものです。そこで今回は、ハイキングに持っていったほうが良い持ち物や、服装・食料などを詳しくご紹介します。

 

もし本格的なトレッキングをするのなら、絶対に初心者だけで行かないで、経験者に同行してもらうか、ツアーガイドに申し込むと良いですよ。

 

まとめ

初めてハイキングに行く場合は、行先はどんなコースなのか、また当日の天気などもチェックして服装や装備などを決めていきましょう。

日帰りで気軽に登れるハイキングコースなら、そこまで気合を入れた装備や服装でなくても良いですが、本格的なトレッキングコースだと、それなりにしっかりとした装備が必要です。

ただし、どんな山でも危険がいっぱいなので、絶対に油断をしないでくださいね!

スポンサーリンク










コメント

タイトルとURLをコピーしました