*

 

ファンデーションの合う色がない人必見 失敗しない色選びのコツ

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 ダイエット・美容




ファンデーションがなかなか合うものが見つからない!こんな時は一体どうすれば良いんでしょうか?肌の色は個人によってかなり違いがあります。ちょっと赤みがかかっている人、色黒の人、色白の人など様々。

そこで今回は、自分に合ったファンデーションの選び方を解説。いつもファンデーションが合わなくて困っている人必見ですよ!

 

自分に合う色って?ファンデーションの選び方を教えて!

色白や色黒、赤みがかかった人、黄色っぽい人など、肌は日本人でも個性があります。ということで、肌の色別にそれぞれピッタリなファンデーションは何か解説します。

自分の肌色にはどんなファンデーションの色が似合うのか、分からなくなってしまったら参考にしてみてください。

 

肌の色が白めの人

肌の色が白めの人は、ベージュ系で落ち着いたファンデーションを選ぶのがベスト。明るい色のファンデーションだと白く浮いてしまうので、十分注意してくださいね。

肌の色が黒めの人

肌の色が黒めの人はオークル系のファンデーションを薄く塗り、その上からピンク系のファンデーションを重ね塗りするのがおすすめ。

肌の色が黄色がかっている人

肌の色が黄色がかっている人は、ピンク系の少し明るいファンデーションが最適。血色がよくなり健康的に見えますよ。

肌の色が赤みがかっている人

肌に赤みがある人は、オークルかベージュ系のファンデーションを使いましょう。赤みが落ち着いて見えるので、ナチュラル感が出てきますよ。

 

失敗しないファンデーションの色選びのコツ

試し塗りはフェイスラインで!

ファンデーションを買う時、きっと多くの女性は手の甲などに試し塗りしているでしょう。でも、手の甲や手首、もしくは首筋では自分に合ったファンデーションの色は見つかりません。ですので、フェイスラインやあごにファンデーションを試し塗りしましょう。

実は、手や首筋って、やっぱり顔の色と若干違いがあるんですよね。フェイスラインやあごなら、ちゃんと顔の色とファンデーションを合わせられます。

そして、ファンデーションを試し塗りしてみたら、太陽光の下で確認してみてください。自然光で確認してから、蛍光灯などの下で確認してみると、失敗なくファンデーションが選べるんですよ。

特にファンデーションを付けた部分が浮いた印象にならなければ、それは自身の顔の肌に合っているということになります。

 

肌質でファンデーションの種類を選ぼう

ファンデーションってリキッドかパウダーかクリームか、それともミネラルかで迷ったことはありませんか?そんな時は、色だけでなく自分の肌質に合わせて選んでみましょう。

乾燥肌なのでしたら、リキッドかクリームファンデーションがおすすめ。油分や美容液が含まれているため、乾燥から守ってくれます。肌の密着度も高いので、化粧が崩れにくくて安心です。

特に肌の悩みがないという普通肌の場合は、軽い仕上がりになるパウダーファンデーションが良いですね。サラッとしていて健康的な印象になりますよ。

敏感肌の人はミネラルファンデーションがおすすめ。クレンジングオイルがなくても、お湯でサッと洗い流せるので肌に負担をかけにくいんです。

皮脂が出やすいけれど部分によっては乾燥も気になる混合肌でしたら、パウダーとリキッドを使い分けていきましょう。テカリが気になる部分はパウダーで、乾燥しやすい頬などはリキッドファンデーションを使うと、肌をカバーしつつ自然な仕上がりにしてくれますよ。

 

まとめ

肌の色が白めの人はベージュ系ファンデーションを、肌の色が黒めの人はオークル系+ピンク系、肌の色が黄色めの人はピンク系で血色を良くして、肌の色が赤みがあるならベージュかオークルを使うと自然な仕上がりに。

ファンデーションを選ぶ際のコツとしては、フェイスラインやあごに塗って太陽光の下でチェックしてみましょう。また、自分の肌質に合わせて、リキッドかパウダー、クリーム、ミネラルか、ファンデーションの種類も選ぶといいですよ!




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑