*

 

お墓参りの花はどんな種類がいいの?気をつけたいマナーとは?

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 お役立ち, マナー




お墓参りに行く時って、どんな種類の花を持って行けば良いかよく分からないですよね。しかもどこで買うといい?スーパーやコンビニで売っている仏壇用の花束でもOK?

今回はお墓参りの時に持って行くのにふさわしい花類など、お供えする花のマナーを解説します。

 

お墓参りでタブーな花の種類はこれ!

お供え物の花って、故人が生前好きだったものがいい。という意見もあるのですが、それでもタブーとされている種類があります。

それがトゲや毒を持つ花と、香りが強い花ですね。その代表がバラです。バラって一般的な贈り物には定番ですが、仏様にお供えするのはタブー視されるものなんですよ。確かにバラはトゲがあるし、香りもちょっと強いですよね。

いくら故人が好きだった花でも、バラは出来ればお供えしないようにしましょう。ただし、バラのトゲを全部取ってしまえば、実はお供えしてもOKだったりするんですよね。

でもトゲ付きのままお供えすると、親戚からのヒンシュクを買うことになってしまいますよ。この他に、アザミもトゲを持つので持って行かないようにしましょう。

 

また、毒素を持つ花としては、彼岸花、すずらん、水仙などがあります。すずらんや水仙って見た目も可愛いし、白い花だからお供えに良さそうと思ってしまいますが、意外にもNGな花なので注意しましょう。

そして、ユリは香りがきついだけでなく、花粉も落ちやすいのでお墓参りには向きません。

でも花に詳しくないと、どの種類にトゲがあって毒があり、香りが強いかなんて分からないですよね。そんな時は生花店で店員さんに相談してみると良いですよ!

 

ちなみに、お墓に造花やプリザーブドフラワーをお供えするのは出来ればやめた方がいいですね。お墓が遠方で、自分たちや親戚もなかなかお参りに来れない、というのでしたらやむを得ないですが、基本的には生花を活けておくというのがマナーです。

もしお墓参りに行く機会が極端に少ないから、造花やプリザーブドフラワーを活けたいのでしたら、ご両親や親戚に相談して許可を取ってからの方が良いですよ。

 

 

お墓参りの花ってどこで買えばいいの?

お墓参りの花は、生花店で買うことが出来ますよ!スーパーやコンビニでもお供え用の花束を売っていることがあるんですが、個人的には生花店で購入した方が安心です。

生花店なら店員さんも花に詳しいので、『お墓のお供え用なんですが』と伝えればどの花が良いかも教えてもらえるし、既に花束になっているものもすすめてくれます。

それに、故人が好きだった花を入れた花束を供えたい時も、店員さんと相談すればバランス良くお供え用の仏花にしてくれます。

 

生花店は基本的に、個人経営でもチェーン店でもお供え用の花を売っているので、お墓近くの店舗で買っても大丈夫ですよ。

ちなみに、お墓参りによく使われる花の種類としては、菊、カーネーション、トルコキキョウ、リンドウ、グラジオラス、キンセンカ、スターチスなど。

花束は3本、5本、7本など奇数にして作ってもらいましょう。お墓参りに行った際、既に活けられていた花が枯れていたら、自分が持ってきた新しい花と入れ換えてください。

花立てもしっかり洗って水を入れ替えておいてくださいね。そうすればきっと故人様も喜んでくれますよ。

 

 

まとめ

お墓参りに持って行くのがタブーな花としては、バラ、ユリ、彼岸花、アザミ、すずらん、水仙など。造花やプリザーブドフラワーも基本的にはNGなので、気を付けましょう。

なるべく菊やカーネーション、トルコキキョウ、リンドウグラジオラスなどの花束を生花店で買って、それを活けると良いですよ!

スーパーやコンビニでも仏花を売っていますが、できればちゃんと選べる生花店の方がおすすめです。

 

↓↓↓一緒に読まれている人気記事↓↓↓

 




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑