*

 

住宅ローンアドバイザーって?相談する方法とメリット

公開日: : 最終更新日:2019/07/22 お役立ち, 暮らし, 家計・貯金




住宅ローンに関する相談でしたら、住宅ローンアドバイザーにしてみましょう!

でも、住宅ローンアドバイザーって、あまり聞き慣れない言葉ですよね。一体どんなことをアドバイスしてくれるんでしょうか?また、相談する流れや、どんなメリットがあるのか、というのも気になりますね。

今回は、意外と知られていない、住宅ローンアドバイザーについてご紹介します。

 

住宅ローンアドバイザーに相談するための流れは?

 

住宅ローンアドバイザーとは、簡単に行ってしまえば住宅ローンの専門家です。家を購入する際、最適な住宅ローンを組めるようにアドバイスしたり、返済プランを提案してくれることもあるんですよ。

もしこれから家を買おうとして住宅ローンを組むのでしたら、まずは住宅ローンアドバイザーに相談をしてみましょう。

でも、住宅ローンアドバイザーという専門職が存在するのではなく、ハウスメーカーの営業担当者やFP(ファイナンシャルプランナー)など、住宅販売の業務に携わっている人でしたら、住宅ローンアドバイザーの資格を持っている場合も多いんですね。

特に、住宅ローンアドバイザーの資格を持っているFPは、住宅ローンの商品知識もより深いので相談するのに最適な相手ですよ!

流れとしては、まず物件を決める前にFPの所で相談へ行き、全体予算を決めておきます。そして物件を選び、どの住宅ローンの商品を選ぶかはFPと相談しながら決めていくようにしましょう。

FPに相談したい場合は、下記のURLにアクセスすると検索サイトにジャンプできます。

https://www.jafp.or.jp/confer/fpsoudan/

また、住宅ローンアドバイザーの資格を持ったFPを探すなら、下記のサイトから検索するとスムーズですよ!

https://www.loan-adviser.jp/HlaITrkKykAct.do?top

住宅ローンアドバイザーに相談するメリットとしては、住宅の購入者に最も適したローンの組み方、そして返済の仕方を提案してくれること。住宅ローンって、何十年も続けていくものなので、慎重に決めていきたいですよね。

でも、住宅ローンって色んな商品があるから、素人じゃあどれを選べばいいか絶対に分からなくなります。

そこで住宅ローンアドバイザーの資格を持ったFPなどに相談すれば、どの商品でローンを組むべきか、というのが選びやすくなるわけです。確かに、知識が豊富な専門家に相談できるのなら、こんなに心強いことはありませんね!

もしこれから家を買うのなら、まずは住宅ローンアドバイザーに相談をしてみましょう!

 

 

住宅ローンの審査に落ちる理由って?通過するにはどうすればいい?

 

たまにあるのが、住宅ローンの審査に落ちてしまうこと。住宅ローンの審査に落ちる理由としては、以下のケースが考えられます。

住宅ローンの審査に落ちる理由

・勤続年数が3年経っていない

・非正規雇用で勤めている

・ローンに加入時の年齢が上限を超えている

・他社からの借り入れが複数ある

・過去の借入時に返済遅延をしている

・税金を滞納している

・年収が銀行が定める最低年収に満たない

・そもそも破産している

などの理由で、審査に通らないことがあるんですよ。審査に通るためにも、ます消費者金融からの借り入れは、貯金を崩したり親戚に借金してでも返済してください。他社からの借り入れを清算できれば、審査が通りやすくなりますよ。

そして、もし使っていないクレジットカードがあったら、本当に必要なカード1枚に絞り残りは全て解約しましょう。

また、年収がもし足りないのでしたら、共働きしている場合は、夫婦の年収を合算してローンを組みましょう。

あとは、審査をする前に転職をしないこと、納税をしっかり行うこと、他社からの借り入れの返済は絶対に遅延しないということも気を付けてください。

やっぱり大きな買い物をしてローンを組むので、自分の属性が悪くならないように、常日頃心掛けておくようにしましょう。

 

 

まとめ

住宅ローンアドバイザーは、住宅を購入する際に、どの商品でローンを組むのが良いのか、またどんな返済プランが良いのかというのを相談できる専門家なんです。

おすすめとしては、FPでなおかつ住宅ローンアドバイザーの資格を持つ人。商品知識が豊富で心強いですよ。

ネットから住宅ローンアドバイザーが探せるので、物件を決める前に相談にいきましょう!




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑