*

 

みかんのカロリーってどれくらい?食べ過ぎると太るの!?

公開日: : 最終更新日:2019/08/30 雑学




みかんって美味しいからパクパク食べてしまうけれど、カロリーは大丈夫なんでしょうか!?ついついみかんを食べ過ぎて、太ってしまうということがないか気になりますよね…。

そこで今回は、ダイエット中の人なら知っておきたい、みかんのカロリーや太る可能性を紹介します。

 

みかんのカロリーと糖質をチェック!

気になるのがみかんのカロリーと糖質ですね。冬場などによくスーパーで見かける温州みかんの場合は、1個分の重さは100gほど。これに含まれるカロリーは、約45kcal前後。

りんごなら100gあたり54kcalだし、バナナだと100gあたり86kcalなので、比べるとみかんってかなり低カロリーなんですね!

 

忘れてはいけないのが糖質。糖質はダイエット中なら特に摂取量に気を付けるべきですよね。みかん1個分だと、糖質は約11gです。バナナだと100gあたりの糖質は、約22gなので、やっぱりみかんの糖質は、そこまで高くありません。

でも、塵も積もれば山となると言うように、低カロリーで低糖質だからといって、バクバク食べてしまってはいけませんよ。1日に1~2個くらいを食べるのが目安。それに、みかんってほとんどが水分だから体を冷やしてしまいやすいんですよね。ダイエットを成功させるには体を冷やすのを防ぐことも大切。

 

体温が下がれば、代謝も低下してしまい、脂肪が燃焼しにくくなってしまいます。みかんを食べる時は、温かいお茶なども一緒に飲むようにすると良いですね。

また、みかんなどフルーツに含まれる糖質は果糖ともいうんですが、実はこれ、体に脂肪を蓄える働きをしてしまうため、中性脂肪がつきやすくなる可能性もあるんですよ!

 

フルーツ全般はすごくヘルシーなイメージでしたが、実はそうとも限らなかったんです。ダイエット中だからといって、フルーツをお菓子代わりに食べている人もいるかも知れませんが、思わぬ落とし穴があったんですね!

フルーツも食べ過ぎには注意しましょう。

 

みかんのカロリーと食べ方のポイント 夜に食べると太る?

 

みかんは寝る前に食べると太るというのは事実です!先ほども説明したように、みかんって水分が多いから、食べると体を冷やしてしまうんですよね。

夜は活動量が減るため、食べ物を摂取すれば、そのエネルギーは消費されず脂肪として体に蓄積されます。そんな状態の時に、寝る前にみかんを食べると体温も代謝も低下していき、糖質が余計に脂肪として体に蓄えられてしまうんですよ!

 

夜寝る前にみかんを食べるのは禁物。朝か昼間のうちに食べるのがおすすめですね。

ちなみに、筆者はよく朝にみかんを食べます。朝みかんを食べると、糖質がエネルギーとして消費されやすいので、脂肪として体内に溜まらず、太ってしまう心配もありません。

 

みかんに限らず、フルーツ全般は朝に食べるのがダイエットに最適!かと言って、みかんだけを朝食にするのではなく、ダイエット中でも食事はバランス良く摂ってくださいね。

また、夜でもあまり遅い時間でなければ食後のデザートとしてみかんを食べていいですが、個人的には朝食に食べるのがいいですよ。みかんって、食べ方一つでダイエットに役立ったり、反対に太りやすくなってしまうんですね。

冬場はこたつでぬくぬくしながら、ついついみかんに手が伸びてしまいがちですが、食べる量と時間帯にも注意しましょう。

 

みかんのカロリーってどれくらい?食べ過ぎると太るの!?まとめ

みかんのカロリーは1個あたり約45kcalで、糖質は11gほどです。かなり低カロリーで低糖質なんですが、水分が多く、体を冷やして代謝を下げてしまうため、夜寝る前に沢山食べるのは禁物ですよ。せっかく低カロリーのみかんでも太りやすくなってしまいますからね!

みかんはなるべく朝食べるようにして、1日に1~2個ほどに留めておくのがおすすめです。




  •        
  •      
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑