くせ毛女子必見!雨の日の湿気対策と髪のうねり予防法

ダイエット・美容

湿気の多い雨の日って、髪がうねって困りますよね…。

セットがなかなかキマらない、と悩むくせ毛さんも多いんじゃないでしょうか?

今回はくせ毛に悩む女性のために、

雨の日の湿気対策と、うねりを予防する方法を紹介します!

 

湿気による髪の毛のうねりの原因ってなに?

湿気が多い日は、髪の毛が空気中の湿気を吸いこんでしまい、

膨らむことによって、うねりが生じてしまうんですよ。

髪の美しさを保つには、キューティクルが必要です。

でも、ドライヤーなどの熱や摩擦、紫外線などによって、

このキューティクルは剥がれていってしまい、

髪の組織に細かな隙間が出来てしまうんですね。

 

隙間が多くあくと、雨の日など湿気の多い日に水分がそこに入り込んでいきます。

これが湿気によって髪がうねるメカニズム。

ただでさえくせ毛で毎朝大変なのに、湿気が多いと余計に広がってしまって

ヘアセットも大変になるでしょう。

キューティクルが剥がれているということは、

そもそも髪の毛自体も傷んでいるので、早急なお手入れが必要です。

髪のダメージがひどければひどいほど、湿気が多い時のうねりも悪化するので、

くせ毛が気になる人は、毎日のお手入れを見直してみましょう。

 

筆者も髪が長いし、毛量も多めだから、湿気で広がると大変なんですよね…。

いつも髪をまとめているんですが、

うねりや髪の広がりがひどいとまとめるのも一苦労。

でも、しっかりお手入れさえしていれば、

髪が広がることもないし、うねりを予防することも出来るんですよ!

 

紫外線を髪に浴びせてしまった人も、カラーリングやヘアアイロンを使っている人も

ドライヤーや摩擦のダメージがひどい人も、

しっかりとしたお手入れをしていくのがベストです。

 

 

髪の毛の湿気対策とうねり予防法

 

洗い流さないトリートメントを使おう

髪の毛の湿気対策には、洗い流さないトリートメントを使うのがおすすめ!

スポンサーリンク

洗い流さないトリートメントは、髪の表面をコーティングするので、

空気中の湿気がキューティクルの間から入り込んでしまうのを防げます。

また、程よく髪に栄養や潤いを与えられるので、

まとまりやすくしっとりサラサラとした手触りになりますよ!

 

私の個人的なおすすめは椿油とつげのくし!

市販の洗い流さないトリートメントでも良いんですが、

私個人としては、椿油を使うことをおすすめします!

椿油は天然由来の成分なので、地肌にも優しいし、

においもべた付きもなく、髪にとっても良いんですよ。

 

この椿油を髪に馴染ませて、つげのくしで梳かせば、

静電気も起きないし髪の摩擦も防げるので、

キューティクルが剥がれる心配もありません!

確かに、高いノンシリコンのシャンプーとトリートメントを使えば、

基本的には髪はうねりを抑えてサラサラになりやすいでしょう。

でも、ノンシリコンのシャンプーやトリートメントって、すごく高くないですか?

それよりも、椿油とつげのくしがあれば、

コスパ的にもかなり良いし、自然な美髪に近づけますよ。

 

トリートメントをコームで馴染ませる

毎晩の入浴時、トリートメントやコンディショナーをつける際も、

ちょっとひと手間加えるとよりキューティクルをキープして、

湿気やうねりを予防してくれるんですよ。

そのひと手間とは、トリートメントやコンディショナーを髪につけたら、

目の粗いコームで梳かしながら、髪によく馴染ませていくことです。

 

コームで梳かすことで、

トリートメントやコンディショナーの成分が髪1本1本に行き渡り、

内側までしっかり浸透するので、より効果的に髪をケア出来ますよ。

しっかりコームで梳かして馴染ませたあとは、

いつも通りにすすぎましょう。

 

ドライヤーの熱を根元に当てない

髪の根元にドライヤーの熱を当てると、髪が広がりやすくなってしまいます。

すると湿気で更にうねってしまうので、

なるべく髪は外側から乾かしていきましょう。

髪の中間から毛先にかけて、髪を軽く引っ張りながら風を当て、

ある程度乾いたら、ブラシを使ってブローしていくといいですよ。

うねりが気になる人は、ぜひ試してみてくださいね。

 

 

まとめ

髪の毛は傷んでキューティクルが剥がれると、

その隙間に湿気が入り込むことによって、広がってうねってしまいます。

大切なのは髪をコーティングすることと、キューティクルをキープすること。

 

洗い流さないトリートメントや椿油を使って、

髪に栄養を与え、表面をコーティングしましょう。

また、トリートメントはしっかりコームで馴染ませたり、

根元にドライヤーの熱を当てないようにすると、うねりや湿気の予防になりますよ!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました